プラモデルのスジ彫り作業におすすめ! 5つのスジボリ道具

 

どうも、こんにちは蒼乃恭介です。

 

ガンプラを改造する時に、スジボリ作業は、ほとんどの人がやっているのではないでしょうか?

スジボリの線がよれたり、はみ出したりする経験があり、苦手な人も多いです。

 

この記事では、スジボリ作業がよりかんたんにキレイにできるスジ彫り道具を紹介していきます。

パーツの形状や自分に合ったスタイルによっても、使う道具が変わってくるので、自分に合うスジ彫り道具を選んでみましょう。

 

スジボリ作業に使う5つの道具

左から「けがき針」、「デザインナイフ」、「タガネ」、「エッチングノコ」、「目立てヤスリ」になります。

 

 

けがき針

 

 

けがき針は別名「ニードル」とも呼ばれ、棒状の先端が鋭い針になっています。

使い方は、先端の針の部分をパーツにペンで書くように溝を掘っていきます。

 

けがき針は掘る方向がないので、自由に溝を掘ることができます。

これから紹介する道具の中で1番、曲面や円のスジボリを得意としています。

 

 

厚みのあるテープなどを使用すれば、直線のスジボリにも対応できます。

けがき針でスジボリを彫る際のデメリットとしては、彫った後の溝にめくれや毛羽立ちが残ってしまうことです。

 

その際には紙やすりで削ったり、ナイロンなどの柔らかいブラシなどでこすれば毛羽立ちを処理する必要があります。

私が愛用しているけがき針は、ハセガワトライツールの「モデリングスクライバー」を使っています。

 

 

モデリングスクライバーは少々値段が高いですが、本体と針が一体成型になっており、スジボリをする際に軸が安定し非常に使いやすいです。

先端の針部分も精度がよく、スジボリ以外にもドリルで穴を開ける前にポンチの代わりに目印をつけることもできます。

 

また付属の「研ぎ直し用の砥石」も入っているので、先端が欠けたり、摩耗した場合に自分で研ぐことができます。

 

デザインナイフ

 

プラモデルを作る上で持っている方も多いデザインナイフもスジボリに使うことができます。

デザインナイフでスジボリを彫る場合には、いくつかのパターンがあります。

 

パターンとしては、大きく分けて2つあります。

  • デザインナイフの刃先でL字の溝などをけがき針のようにスジボリを彫っていく
  • パーツ部分に刃をV字に切り込みを入れていく

 

スジボリ

 

人によってはデザインナイフの刃先をリューターなどで加工して、Pカッターの様に使うこともできます。

気軽にスジボリ作業がおこなえますが、デザインナイフの刃先が脆いので、すぐに刃先が欠けたりします。

 

また厚手のテープなどでガイドを使用してもブレてしまい、キレイにスジボリが彫りにくいです。

デザインナイフで溝を掘るにはテープなどのガイドを貼りつけ、先にけがき針で下書きすると掘りやすくなります。

 

 

上の画像は溝を分かりやすくするためスミ入れしています。

デザインナイフでスジボリを彫る場合には、刃先の範囲内でV字に切り込みを入れるか、けがき針で出た毛羽立ちを除去する場合に有効です。

 

キレイな直線を彫る場合には、他の道具を使った方がいいです。

 

タガネ

 

タガネとは、岩石や金属を削るノミのような工具の名称です。

ここで紹介するタガネは、プラモデル用に調整したものになります。

 

私が普段のスジボリ作業に使っているのは、スジボリ堂から販売されている「BMCタガネ」です。

BMCタガネは、刃の部分がタングステンと呼ばれる金属でできており、非常に硬いです。

 

先端の刃の精度が非常によく、スジボリがキレイに彫ることができます。

BMCタガネの種類は多く、0.1mm単位で選ぶことができ、刃のサイズは0.05mm〜4.0mmと非常に細いものから幅の広いスジボリを彫ることができます。

 

 

使い方としては、スジボリする部分を軽い力加減で手前に引くだけです。

ただし、BMCタガネは、キレイに彫れるといっても、フリーハンドではキレイに彫ることができません。

 

 

 

上の画像は溝を分かりやすくするためスミ入れしています。

パーツに元々ある溝や新規にスジボリをキレイに彫るには、厚手のテープなどのガイドが必要になります。(溝の段差が深い場合を除く)

 

使い方によっては、平ノミのようにプラスチックのパーツを彫ることもできます。

BMCタガネの性能は、十分なのですが、1番のデメリットは値段が高いことです。

 

1本あたりの値段が2000円〜4000円と性能に見合った値段になっています。

全てのサイズを持たなくても、自分に必要なサイズだけを持てばコストを抑えることができます。

 

BMCタガネは小さいので専用のホルダーにつけることによって使いやすくなり、サビ防止にもなります。

 

エッチングノコ

 

エッチングノコは、極薄ののこぎりになっており、本来はプラスチックなどの切断に使用します。

エッチングノコの刃の幅は、一定になっており切断面が少なくキレイに切り取れることを活かして、スジボリを彫ることができます。

 

使い方は、タガネと同じで手前に引くだけスジボリを彫ることができます。

タガネと違うのは、手前だけじゃなく押すことでもスジボリができるので、パーツによってはやりやすい方向に向けるような使い方もできます。

 

ただ、プラスチックのパーツにキレイな直線や曲線を彫る場合にはタガネやけがき針を使った方がいいです。

エッチングノコの出番はプラモデルを改造をして異なる素材同士にスジボリを彫る場合に、真価を発揮します。

エッチングノコ0019

 

上の画像は溝を分かりやすくするためスミ入れしています。

プラスチックとパテなどを合わせた場合、タガネやけがき針では、スジボリをうまく彫ることが難しくなってきます。

 

エッチングノコの細かい刃のおかげで、硬さや粘りの違う素材同士でも引っかかることがなく、キレイにスジボリを彫ることができます。

 

目立てヤスリ

 

目立てヤスリは、模型の世界ではもっともポピュラーなスジボリ道具の1つです。

扱い方もかんたんで、ギザギザの角部分をパーツに当てて押して彫るだけです。

キレイな直進の線を彫る場合は、ガイドテープを貼った方がキレイに彫りやすいです。

 

上の画像は溝を分かりやすくするためスミ入れしています。

ヤスリとあるように刃物ではなく、表面にヤスリ目があるのでスジボリを彫る際には、パーツがヤスリ面に触れないように気をつけて彫ります。

 

デメリットとしては、目立てヤスリの幅が広く、スジボリの線も太くなりやすいです。

細いスジボリには不向きなので、細い線を彫る場合には、他の道具を使用した方がよいです。

 

ゴットハンドから販売されている模型用に特化した「スジ彫りヤスリ」もおすすめです。

値段は4,510円(税込)とお高いですが、通常の目立てヤスリよりかなり小型化されていて、あつかいやすいです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一口にスジボリといってもさまざまな道具があり、使い方も多種多様になっています。

 

パーツの形状によっても使う道具が変わってきますが、自分が扱いやすく相性のよい道具を見つけることです。

これを機に使った事がない道具に挑戦して新しい発見と相性のよい道具が見つかるかもしれません。

 

相性のよい道具が見つかったら、後は使いこなせるように練習あるのみです。

上達すれば、キレイなスジボリが短時間で彫れてますよ。

 

Posted by 蒼乃恭介