厳選‼ ガンプラやフィギュア制作にベストな5つの紙ヤスリ

 

紙ヤスリ

どうも、こんにちは蒼乃恭介です。

 

ガンプラやフィギュアなどを作るときって、加工する際に「紙ヤスリ」を使いますよね。

でも、「紙ヤスリ」といっても各メーカーやいろんな種類の紙やすりがあって、どれを選んだらいいか分からないってことはないですか?

今回はたくさんの種類の紙やすりの中から、厳選してガンプラやフィギュア制作に便利な紙やすりを紹介していきます。

紙ヤスリとは?

紙ヤスリとは、紙の表面に研磨剤が接着されているヤスリのことです。別名サンドペーパーともいいます。

また紙以外にも、布やマジックテープ式などのヤスリもあります。

 

紙ヤスリには番手という数字があり、この数字は研磨剤の粒子の大きさを表しており、数字が低いほど荒く削れて、数字が大きいほど削れる量は減りますが、削った後がキレイになります。

模型用には各メーカーから板状の当て木に紙やすりを貼ったタイプのものまで販売されています。

まずは、プラモデルやフュギュアに適した紙ヤスリと適さない紙ヤスリの種類を説明していきます。

紙ヤスリの種類

紙ヤスリ

一般的に紙ヤスリといったら、こちらの方が思い浮かぶと思います。

小学校の図工などで使ったことがあるはずです。

厚紙に研磨剤が接着されていて、木製などの柔らかいものを削るときに便利です。

 

紙やすり自体の強度も低く、水につけるとすぐに破けてしまい、目詰まりしやすいです。

木製などの加工に向いていますが、紙やすりの番手が荒いものが多くプラモデルやフィギュアなどの加工にはあまり向いていません。

 

耐水ペーパー

created by Rinker
トラスコ中山(TRUSCO)
 

耐水ペーパーは紙ヤスリと同じく、紙の表面に研磨剤が接着されているのですが、紙ヤスリより強度があります。

用途としては、柔らかい木材から硬い金属などの素材まで幅広く使うことができます。

 

「耐水」と名乗っているだけあって、水につけても破れずに使用可能です。

金属やプラスチックなどを削る際は、水をつけて削ることで、細かい粉が空気中に舞うのをおさえてくれます。

 

また水をつけながら削ると、削った面がキレイに削れますし、プラスチックの場合だと摩擦熱で溶けることをおさえてくれる効果もあります。

耐水ペーパーの番手は幅広く、プラモデルやフィギュア制作に向いており、家の環境やご家族に配慮するのであれば、水をつけて粉塵をおさえてくれる「耐水ペーパー」がおススメです。

 

プレミアム バンダイ

空研ぎペーパー

 

 

空研ぎペーパーは、紙ヤスリや耐水ペーパーと同じ構造ですが、「空研ぎ」とあるように水をつけずに使用します。

紙ヤスリより強度が高く、空研ぎ用なのに目詰まりしにくくなっています。

 

用途としては塗装前のヤスリがけに最適です。

空砥ぎペーパーには目詰まり防止加工がしてありますので、ムラなく仕上げることができます。

 

ただし、空研ぎ用なので水をつけて削ると、破れやすいのでプラモデルやフィギュア制作時には、水をつけずに使用してください。

削った時の粉は舞いやすいですが、削った面が見やすく傷の確認がしやすいです。

粉塵対策が必要ですが、扱いやすいです。

 

プレミアム バンダイ

布ヤスリ

布ヤスリは、紙ヤスリとは違い台紙に柔軟性のある布に研磨剤が接着してあります。

紙ヤスリや耐水ペーパーより段違いに耐久性が高く、柔軟性に優れているので素材の形を選びません。

 

布ヤスリは模型店やホームセンターで売られていることが少なく、あったとしてもプラモデル用には番手が荒く不向きです。

プラモデルやフィギュア用に適している番手は、ネットでの購入がおススメです。

 

マジックテープ式

マジックテープ式は、その名の通り台紙がマジックテープになっており、専用の当て木に貼りつけるタイプです。

台紙がマジックテープなので、両面テープなどが不要で、かんたんに取り外しができます。

 

ホームセンターとかにあるマジックテープ式は、木材や金属などを削るのに適していますが、プラモデル用には大きすぎたり、番手が荒く不向きです。

スジ彫り堂から販売されているマジックヤスリは、模型用に特化していてあつかいやすくなっています。

 

紙ヤスリのかんたんな解説はここまでにして、次からはプラモデルやフィギュア制作にベストな紙ヤスリを紹介していきます。

なお、当て木が最初からついているヤスリは、除外しています。

 

1.入手しやすく、あつかいやすい タミヤ フィニッシングペーパー

タミヤ から販売されている紙ヤスリの「フィニッシングペーパー」です。

模型店などで比較的入手がしやすい紙ヤスリです。

 

タミヤのフィニッシングペーパーは粒子の大きさが安定しているので、同じ番手でもほかのメーカーに比べて、削った後に大きなヤスリ傷がほとんど残りません。

ホームセンターなどで売られている紙ヤスリより高価ですが、その分紙ヤスリの品質は高いです。

 

特殊コーティングが施されているので、水にも強く水研ぎと空研ぎの両方で使用することができる万能型の紙ヤスリです。

使用する際は手でちぎったり、ハサミやカッターで必要分を切り取り使用します。

 

フィニッシングペーパーの番手の種類は以下の通りです。

  • P 180
  • P 240
  • P 320
  • P 400
  • P 600
  • P 800
  • P 1000
  • P 1200
  • P 1500
  • P 2000

 

2.耐久性抜群の超薄布ヤスリ コバックス フレックスクロス

コバックスから販売されている「フレックスクロス」というヤスリです。

フレックスクロスというヤスリは、台紙が超極薄の布でできており、紙ヤスリより数倍 耐久性が高く長持ちします。

 

布部分は非常に柔らかく、曲面のヤスリがけに効果を発揮します。

粒子の大きさも安定していて切削性も良く、軽い力でキレイに削れます。

 

ただ一つ残念なのが、ホームセンターに行っても取り扱っている店舗が少なく、入手しにくいことです。

ネットショッピングであれば、1枚のバラ売りと100枚セットが入手できます。

 

フレックスクロスの番手の種類は以下の通りです。

  • P 120
  • P 150
  • P 180
  • P 220
  • P 240
  • P 280
  • P 320
  • P 360
  • P 400
  • P 600
  • P 800
  • P 1000

 

3.ゴッドハンド フレックスクロス布ヤスリセット

ゴットハンドから販売されている「フレックスクロス布ヤスリ」という布ヤスリです。

フレックスクロス布ヤスリという商品は先ほど紹介した、「コバックス フレックスクロス」がベースとなっており同じ商品なのです。

 

同じ商品なので切削性、耐久性、長持ちも抜群です。

ゴットハンドのフレックスクロス布ヤスリは模型店でも入手しやすいですが、人気商品のためすぐ売り切れてしまいます。

 

またコバックス フレックスクロスのものより、大きさが模型用(93.5mm×228mm)にカットされているので、A4サイズや他の番手が欲しいという方は、コバックス フレックスクロスのほうを選んだほうがよいです。

 

ゴットハンド フレックスクロス布ヤスリの番手の種類は以下の通りです。

  • P 240
  • P 400
  • P 600
  • P 800

 
 

4.3M キュービトロンⅡ クリーンサンディングシートロール

3MキュービトロンⅡ クリーンサンディングシートロールは、セロハンテープみたいにロール状になっており、必要な分を切り取って使用します。

切削性と耐久性が非常に高く、表面に小さい穴がたくさん開いているので、粉はけがよいです。

 

プラスチックやパテを削っても、目詰まりがしにくいです。

裏面がマジックテープ式になっているので、当て木にもかんたんに取り付けが可能です。

 

キュービトロンⅡは番手が荒いものしかありませんが、プラモの大改造やパテでフィギュアの制作におススメです。

 

3MキュービトロンⅡ クリーンサンディングシートロールの番手の種類は以下の通りです。

  • P 80
  • P 120
  • P 180
  • P 220
  • P 240
  • P 320
  • P 400
 

5.ホームセンターで売られている紙ヤスリ

全国どこのホームセンターなどで売られていて、入手しやすい紙ヤスリです。

「ホームセンターとかで売ってる紙ヤスリって、模型に使えるの?」という声をよく聞きますが、ホームセンターで売っている紙ヤスリは、模型に十分使用できます。

 

模型用に売られている紙ヤスリは、値段が高い、値段の割に量が少ないなどのデメリットもあります。

しかしホームセンターの紙ヤスリは、値段が安くて量が多く、入手しやすいメリットがあります。

 

1つ注意するとすれば、紙ヤスリの種類の違いについてです。

紙ヤスリにも「水研ぎ専用の耐水ペーパー」や「空研ぎ専用紙ヤスリ」などがあるので、自分の使用スタイルにあわせて購入しないと、いざ使ったときにトラブルが出てきたってことにもなりかねません。

 

使用感ですが、置いてある紙ヤスリのメーカーによって違いますが、同じ番手でも模型用紙ヤスリに比べ、粒子が荒くヤスリがけした時に傷が残りやすいです。

安く大量に必要という方や模型以外にもDIYなどに、使いたいという方にはおススメです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一口に紙ヤスリといっても、いろんな種類や使い方があります。

 

下の表は紙ヤスリの種類を、かんたんにまとめたものです。

紙ヤスリの種類 用途 特性 プラモデル、フィギュアに使えるか?
紙ヤスリ ・木工、木製の加工 不向き
耐水ペーパー ・水をつけて削ることで、キレイに削れる プラモデル、フィギュア向き
空研ぎペーパー ・水をつけずに使用、削った面の傷確認がしやすい プラモデル、フィギュア向き
布ヤスリ

・紙ヤスリより耐久性、柔軟性が高い

・素材を選ばない

一部のメーカーに限りプラモデル、フィギュア向き
マジックテープ式 台紙がマジックテープなので、交換が簡単 一部のメーカーに限りプラモデル、フィギュア向き

紙ヤスリは金属ヤスリに比べて消耗品になりがちですが、自分の好みに合わせて当て木を自作したり、必要な分だけ切って自由に使うことができます。

 

長く模型を作っていると、自分の模型スタイルがでてきて、使用する紙ヤスリも変わってくると思います。

この記事を読んで、自分の使いやすい紙ヤスリの参考にしていただければと思います。

Posted by 蒼乃恭介