【プラモデル初心者】1本は持っておきたい おすすめのピンセット

どうも、こんにちは蒼乃恭介です。

ガンプラに限らず模型作製をしていると、細かな部品の取り付けや精密作業に使う工具『ピンセット』が必要になってきます。

ピンセットがなくてもプラモデルは組み立てられますが、ピンセットがあると作業効率の上昇や作品の出来栄えに影響してきます。

日々の仕事で常にピンセットをあつかっている私は、精度の高いピンセットの凄さと恩恵を肌身に感じています。

自分の指先ではできないような作業、塗装もして最終仕上げのパーツ接着など失敗できない場面では必要になってくるので、精度の高いのピンセット1本は持っておきたいところです。

「ガンプラに使うピンセットってどんなものを選べばいいの?」

使う状況によって、使用するピンセットも変わってきますが、最初の1本は模型用のスタンダードなストレートタイプのピンセットを選ぶといいですよ。

100均のピンセットは使えるの?

「模型用のピンセットは高いし、100均に売ってあるピンセットじゃだめなの?」

100均のピンセットでも使えなくはないんですが、ピンセットの精度は模型用より雲泥の差だったり、使いづらかったりとデメリットの方が多いのでおすすめしません。

昔に比べて100均で売られているピンセットの種類も多くなってきました。

ですが、やはり高価なピンセットに比べると手のなじみやすさ、ピンセット先の精度、つまむときの力のコントロールのしやすさなどは遠く及びません。

砂粒みたいな小さいパーツを100均のピンセットであつかおうとすると、うまくつまめなかったり、パチンとパーツがどっかへ飛んで行ってしまいます。

そうなってしまいますとパーツ探しに時間を取られたり、パーツの紛失になりかねません。

ピンセットは値段に比例して精度がよく使いやすくなっていく傾向があります。

失敗できない医学の医療用の手術に使うピンセットは、高いものでなんと20万円もするピンセットも存在します。

手術用のピンセットは模型用にはオーバースペックなので、何万円もするものはいりませんが、目安として1,000円以上のものをおすすめします。

モデラー歴が長く、もっといいピンセットが欲しいという方には、4,000円から5,000円あたりのピンセットをおすすめします。

プレミアム バンダイ

精度がいいピンセットってどんなところがいいの?

精度がいいピンセットとは、かんたんにいってしまうと、どれだけ小さいものや薄いものを弾かずに持てるかどうかです。

精度が悪いピンセットで砂粒みたいなパーツを持とうとすると「パチン」と弾いてしまったり、パーツをガリっと傷つけてしまう可能性が高いです。

私も仕事場で体験しているのですが、摩耗してすり減ってしまったピンセットは、物をうまくつかむことができなくなってしまいます。

物がつかめなくなってイライラしますし、パーツにも傷がつきやすくなって、疲れてしまいます。

ピンセットも各メーカーのいろいろなものを試してはみるものの、中途半端なピンセットでは逆に作業に支障をきたしてしまいます。

1本は持っておきたい ストレートタイプ ピンセット

まずは最初に持っておきたいピンセットは、模型店でも入手のしやすいタミヤ クラフトツールシリーズ No.48 精密ピンセット (ストレートタイプ) です。

お値段は1,540円(税込み)です。

値段は少々高いですが、モデラーの愛用者も多くピンセットの先をあわせた時の隙間がほとんどなく精度は高いです。

私も愛用しています。

 

2本目に手に入れたい ツル首タイプ ピンセット

次はストレートタイプのピンセットでは対応しきれない状況になったときに、便利なのがツル首タイプのピンセットです。

ツル首タイプのピンセットは主に活躍するのは、艦船モデルの入り組んでいる細かいパーツなどです。

ストレートピンセットより先っぽが曲がっているため、視認性がストレートピンセットより向上しています。

視認性がよいので、奥まったところのパーツ接着、シールやデカールの貼りつけなどに威力を発揮します。

ツル首タイプでおすすめなのが、タミヤ クラフトツールシリーズ No.47 精密ピンセット (ツル首タイプ) です。

お値段は1,540円(税込み)になっています。

少々お高いですが、板厚がしっかりしていて、極小パーツもつまみやすくなっています。

ストレートタイプとつる首タイプとの違いってなに?

ストレートタイプとツル首タイプのピンセットの主な違いは、ピンセット先の形状の違いです。

ストレートピンセットは先が直線にとがっているため、本体の強度が高く力をかけやすいことがあげられます。

またストレートピンセットは左右対称のため、持つときに左右を気にしなくていい点です。

ツル首ピンセットは先がくの字に曲がっているのが特徴で、ピンセット先が曲がっているおかげで、パーツが見やすいことがあげられます。

パーツが見やすいことで、ストレートピンセットより奥まったところの接着がしやすくなります。

ツル首ピンセットは先が曲がっているため、持つときに入れ替えたりするため少し面倒です。

まとめ

ピンセットは今では千差万別の形状をしていて、種類も多いのですが模型初心者の方には、『ストレートタイプ』と『ツル首タイプ』のピンセットをおすすめします。

私の体験上、中途半端なものは時間とお金が無駄になってしまうことが多いので、購入する際は値段が少し高くても精度のいいものを購入するようにしましょう。

使用していれば摩耗してメンテナンスが必要になってきますが、メンテナンスをすれば長い期間使うことができます。

ちなみに愛用しているタミヤのピンセットはもう20年以上使い続けていますが、いまだに現役バリバリに使っています。

Posted by 蒼乃恭介